製品情報

HTM型2軸混錬押出機

特徴

1.高い混錬性バンバリミキサタイプの拘束ロータ(複数のロータ)により、同方向2軸押出機を越えた高い混錬性が得られます(フィラー濃度70%以上可能)。

2.低温押出特性混錬及び真空脱気の後、単軸で押出すために過混錬がなく、従来の2軸機に比べて樹脂温度が10~20℃低い低温押出しが可能です。

3.高い押出能力複数の高速ロータにより樹脂の可塑化能力が高まり、押出量がアップしました。

4.優れた操作性流量調整バルブによりロータ部の樹脂滞留時間を自在に変えることができるため、混錬度合いの調整が任意にコントロールできます。

5.広範囲な樹脂に対応セグメント化されたスクリュの採用により、ミキシングロータの種類や個数が自由に変えられ、広範囲な樹脂の混錬加工に対応できます。

6.サイドフィード対応サイドフィードにより、GF、CFなどの繊維長をコントロールすることができます。

7.容易な清掃・色替えミキシングロータ部における樹脂の付着がほとんど無く、また分解が容易なため、色替えや分解・清掃が容易です。

8.省エネルギー・省スペース2軸混錬機と単軸押出機を同軸化することで、コンパクト化を実現。
単位樹脂量当たりの加工エネルギーを低減しました。

9.耐摩耗・耐腐食鋼使用シリンダ・スクリュには、鋼材メーカーとシーティーイーが独自に開発した耐摩耗・耐腐食鋼をスタンダード採用しました。

仕様

HTM型2軸混錬押出機の仕様

形式/Model HTM-38 HTM-50 HTM-65 HTM-78 HTM-90
スクリュ径(mm)
Screw diameter
38 50 65 78 90
スクリュL/D
Screw L/D
42:1 42:1 42:1 42:1 42:1
スクリュ回転(rpm)(Max.)
Screw rpm
800 800 700 700 600
ヒータ容量(kW)
Heater capacity
40 60 105 140 180
モータ容量(kW)
Moter capacity
22~37 45~75 90~160 160~250 250~350
最大押出量(ABS)(Kg/h)
Output(ABS)/Max
200 400 900 1,400 2,000

CTM型 2軸混錬押出機 寸法表

押出量(HTM型2軸混錬押出機の運転例)

樹脂材料/Resin 押出量/Output(kg/h) 樹脂温度/Resin temp.(℃) グレード/Grade
ABSペレット+ブロム系難燃剤25%
ABS pellet+Bromine flame retardant
600~800 210~220 射出
Injection
ABSペレット+タルク(粒度7~8u)40%
PP pellet+Talc
600~800 220~230 射出
Injection
CTM-58 5585 1190 2290
CTM-73 6990 1455 2540
CTM-92 8755 1780 2840

各種お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL. 048-778-0393

すべてのお問い合わせは本社・工場にて承ります。製品の事だけでなく、貴社の抱えている問題の解決に繋がるよう、ご相談も承っております。まずはお気軽にお電話ください。(平日 9:00〜17:00)

素材をお持ち込みいただいて仕上り品質をご確認いただけます

pagetop