ご挨拶

独自の技術力と海外からの優良かつ低コスト商品を
お客様のニーズに合わせてご提供

 

バブルがはじけて数年後、徐々に日本経済が冷えようとするさなか弊社は設立いたしました。その厳しい状況の中、樹脂機械メーカーとしての弊社の選択はその時世のニーズにあった装置の開発でした。当時、環境ホルモンが問題視されておりましたがそういった中でも比較的環境にやさしいポリプロピレン樹脂の成形加工の開発を手がけました。ポリプロピレン樹脂は汎用樹脂としては耐熱性があり、ダイオキシンなどの有害物質も少なくリサイクルもしやすい反面。透明性に欠け、また発泡製品も作りにくく使用にはかなり限定的なものでした。これを機械からのアプローチでクリアするべくベルト式高透明PPシート成形機の開発、PP発泡シート成形機の開発を行い商品化してきました。

また樹脂混練押出機におきましても、従来機では混練しにくいマスターバッチ、コンパウンドを混練造粒できるHTM型押出機の開発、製造販売を行ってきました。
その後リーマンショックによるさらなる経済の冷え込み。なかなか設備投資がなされにくいなか商品のコストダウンをすべく海外から優良な商品の開拓も行ってきました。
これからも今まで培った弊社独自の技術力と海外からの優良かつ低コスト商品をお客様のニーズに合わせて融合させ弊社が責任をもって提供し、社会に貢献していく所存です。

代表取締役 森田啓太

 

各種お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL. 048-778-0393

すべてのお問い合わせは本社・工場にて承ります。製品の事だけでなく、貴社の抱えている問題の解決に繋がるよう、ご相談も承っております。まずはお気軽にお電話ください。(平日 9:00〜17:00)

素材をお持ち込みいただいて仕上り品質をご確認いただけます

pagetop